ダイブマスターへの道 -スタミナモジュール

投稿日:2008/8/7 (木) 更新日:

「今日は定時退社日です。」そんな連絡が毎週水曜日に送られてきます。

8月から毎週水・土は水泳の日(ただし土日に別の予定が入った場合はその限りではない)に決めたので、今日も東京体育館に行って泳いできました。復讐ですが、ダイブマスターの資格をとるためには、スタミナモジュール(体力測定)でこのようなメニューをこなさなければなりません。

400m水泳:10分30秒=3点

15分間立ち泳ぎ:浮いていたが、2分間水から手を出していなかった=3点

水泳で4点とるためには8分40秒未満にしないといけないのですが、ここに届く自信はないんで、確実に11分を切れるように練度を重ねるしかないですね。

そして立ち泳ぎ。東京体育館は深い50mプールがあるので、隅っこで時計をにらみながら立ち泳ぎです。15分手足を使った立ち泳ぎなら問題ないけど、最後の2分手を水面に上げて泳ぐ(=足だけで立ち泳ぎ)がきつい。1分しか持ちません。ふくらはぎが痙りそうです。ここで5点とれないと厳しいですね。海水ならだいぶ楽なんだけど、どこで試験するのか気になります。

そして今日、トレーニングでお世話になるダイビングショップよりメニューが届きました。7日間みっちり学科試験・実技訓練・実技試験の繰り返しになりそうです。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

伊達と酔狂でエクストリーム スポーツに挑む GIS エンジニア。 GIS、IT、趣味に関して日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。同じ問題に出会った方の参考になっていただければ幸いです。GIS を使った自己紹介はこちら

-ダイビング

Copyright© WINGFIELD since1981 , 2019 All Rights Reserved.