WordPress 3.6 の下書き履歴機能

2013/8/2 (金)

ずっとこの機能を待ってました。

WordPress 3.6 では一度公開したページを外向きに変更されることなく、裏で修正・下書き保存ができる機能が追加されました。早速このサイトにも WordPress 3.6 をインストールして使ってみました。

最初に記事を公開して、その後にステータスを「下書き」にすることで下書き履歴編集モード(正式名称不明)となります。その後は「下書きとして保存」をし続ける限り、変更した本文は保存されつつ、外向けには最後に公開されたページの情報が出続けます。更新作業が完了したら再度「公開」ボタンを押すことで外向けに表示される情報が差し替わります。

下書き履歴

あとリビジョン編集も強化されているようで、過去の差し戻し比較が便利になってます。

2014年6月26日追記

WordPress 3.6 ではたしかに動作していた認識なのですが、3.7 以降では思った挙動になっていません。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

伊達と酔狂でエクストリーム スポーツに挑む GIS エンジニア。 GIS、IT、趣味に関して日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。同じ問題に出会った方の参考になっていただければ幸いです。GIS を使った自己紹介はこちら

-Web

Copyright© WINGFIELD since1981 , 2019 All Rights Reserved.