YouTube | Facebook | Twitter  Feed

MediaWiki の併用を止めることにした

2017/11/22 (水)

当サイトは解説を含めたプログラムに関する記事は WordPress に投稿し、プログラム コードのみというコード スニペットは MediaWiki に掲載して併用していましたが、MediaWiki はため込んだコードを一度掲載していらい更新をしていなかったので、運用を停止して WordPress のブログに統合させることにしました。理由は以下のとおりです。

  • WordPress リッチ エディターの方が圧倒的に文書が書きやすい
  • Markdown や SyntaxHighlighter は WordPress でも使用できるし、記述の労力は MediaWiki と変わらない
  • 索引ページもカテゴリーやタグ ページのテンプレートを用意すればそれなりに見やすくできる
  • 自動アップデートがなくてバージョンアップのコストが高い(結果として頻繁なアップデートを怠りセキュリティ リスクが高まる)
  • MediaWiki のページは検索インデックス化されない(ページ本文に文書が書かれていないことが原因かもしれないが)

MediaWiki はファイルのバージョン管理ができてダウンロードのコンテンツは旧版も残しておく方法としては良かったのですが、ファイルの旧バージョンの必要性は非常に少ないと判断して一切やめることにしました。

とりあえず全部ブログに吸収させてカテゴリーとタグで分類していますが、そのうちサブドメイン サイトとして分離させるかもしれません。

残るは 370個ほどある ArcObjects のコードの移行ですが、ArcGIS Engine も 10.5.x が最終リリースとアナウンスされている今、公開し続けるニーズはあるのか心配です。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

伊達と酔狂のGISエンジニア。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、CompTIA CTT+ Classroom Trainer、潜水士、PADIダイブマスター、四アマ。WordPress は 2.1 からのユーザーで歴だけは長い。 代表著書『地図リテラシー入門―地図の正しい読み方・描き方がわかる』 GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、青山学院大学非常勤講師を兼務。発言は個人の見解です。

-Web
-