YouTube | Facebook | Twitter | RSS

タイムラプス撮影に使える回転雲台

2017/1/8 (日)

少し前にネットのニュースに掲載されていて気になった回転雲台。値段も安かったのでAmazon で購入して連休の旅行で使ってみました。

この商品は1回転 60 分タイプと 120 分タイプがあるのですが、今回購入したのは 60 分タイプ。構造は昔のアナログ タイマーといった感じで、雲台を回したい時間(60/120 分で 1回転)させれば OK。時間(1回転)になると目覚まし時計のようにけたたましいベルが鳴ります。

GoPro のマウントを三脚ねじにしてセットして、蔵王の地蔵山でタイムラプス動画を撮影しました。三脚に水平儀がついてなかったので目測で合わせましたが、いい感じに撮れてます。

タイムラプス動画、1秒 / 1 コマで 60分(1回転)撮影。

途中エクストリーム GIS 用の写真撮影をがんばってる姿が映っているのはご愛敬。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

伊達と酔狂のGISエンジニア。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、CompTIA CTT+ Classroom Trainer、潜水士、PADIダイブマスター、四アマ。WordPress は 2.1 からのユーザーで歴だけは長い。 代表著書『地図リテラシー入門―地図の正しい読み方・描き方がわかる』 GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、青山学院大学非常勤講師を兼務。日本地図学会第31期常任委員。発言は個人の見解です。

-IT, ガジェット