タイムラプス撮影に使える回転雲台

2017/1/8 (日)

少し前にネットのニュースに掲載されていて気になった回転雲台。値段も安かったのでAmazon で購入して連休の旅行で使ってみました。

この商品は1回転 60 分タイプと 120 分タイプがあるのですが、今回購入したのは 60 分タイプ。構造は昔のアナログ タイマーといった感じで、雲台を回したい時間(60/120 分で 1回転)させれば OK。時間(1回転)になると目覚まし時計のようにけたたましいベルが鳴ります。

GoPro のマウントを三脚ねじにしてセットして、蔵王の地蔵山でタイムラプス動画を撮影しました。三脚に水平儀がついてなかったので目測で合わせましたが、いい感じに撮れてます。

タイムラプス動画、1秒 / 1 コマで 60分(1回転)撮影。

途中エクストリーム GIS 用の写真撮影をがんばってる姿が映っているのはご愛敬。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

伊達と酔狂でエクストリーム スポーツに挑む GIS エンジニア。 GIS、IT、趣味に関して日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。同じ問題に出会った方の参考になっていただければ幸いです。GIS を使った自己紹介はこちら

-IT, ガジェット

Copyright© WINGFIELD since1981 , 2019 All Rights Reserved.