YouTube | Facebook | Twitter  Feed

銀色のシーズン

2008/2/3 (日)

スキーネタってことで土曜日見てきました。内容は面白かったです。淡泊な感想ですね。。。。スキーがネタなのでその道にちょっと足を踏み入れてる人からするとツッコミどころ満載です。が、そんな冷静に見ても面白くないので、感情的になることで結構面白く見られるようになります。

あと、メインテーマはよかったです。作曲は佐藤直紀。プロフィールを調べると「海猿」やドラマ「トップキャスター」も書いてたようです。トップキャスターの曲も印象的だったんだよね。

最初のシーンでやってるのがしたくなり(プロモーションにも出てるんで知らない人は見てみよう)、友人に「ああいうクロスカントリーしたいんでどっかできないかね?」って聞いたら用語が違ってました。ああいうのを「バックカントリー」というらしい。クロスカントリーはビンディングのかかとが外れる板で固くなった雪道をトレッキングするようなスタイル。未圧雪の斜面を下るのはバックカントリーというそうだ。しかもハードな斜面を下るわけだから、それだけ登らないといけません。ハードブーツでスキー背負って重労働。ただ、ヘリや雪上車で上まで送ってくれるというサービスもあるらしい(有料で)。

というわけで、次回はバックカントリーに挑戦!

 

次の日起きたら一転して家の目の前も銀世界ですよ。やっと今シーズン初冠雪。これが平日なら明らかに電車遅れて遅刻だね。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-日記, スキー / スノーボード

© 2020 WINGFIELD since1981