YouTube | Facebook | Twitter  Feed

続:ArcMapで無料ジオコーディング

2007/9/18 (火)

前回作成したGoogleMaps APIを利用したジオコーディングツールが、PCの再インストールと共に消えてしまったので1から作り直しました。週末奈良へボランティアの講習に行ってきた往復の新幹線と日曜日に部屋にこもって書いてました。N700系は電源とれるんで最高です。2時間ノートPCの画面見てると酔いましたw

せっかくなんでVBAではなく、DLLでコンパイルしたツールに仕立てました。

■主な仕様:

  • 住所や名所から経緯度・投影法のXYを表示
  • GoogleMaps APIによって正規化された文字列の表示
  • 取得した座標にジャンプ
  • 取得した座標をハイライト
  • 文字列、座標値をクリップボードにコピー
  • 検索結果が複数の場合も考慮

■課題:

  • マッチ率の取得(Googleは無理矢理座標を返すので結果が結構適当です)
  • マッチ率による移動時の縮尺変更
  • 公開(やっちゃう?)

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法とマクブライドトーマス四次平極図法。広島県呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-GIS
-

© 2021 WINGFIELD since1981