YouTube | Facebook | Twitter  Feed

海底山脈

2007/3/13 (火)

 

学生時代以来、久しぶりにSpatial Analyst for ArcGISに触れ、はじめてラスタ演算を使用ました。

DTP向けの画像作成で、ETOPO2(2分標高メッシュ)で生成。

陰影起伏を付けると大西洋のトランスフォーム断層がはっきり見えてます。

あ、シンボル逆だ。しかも投影してないな、、、まぁ正距円筒図法ということで。

ETOPO2
//www.ngdc.noaa.gov/mgg/image/2minrelief.html

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

好きな地図投影法 はパース・クィンカンシャル図法とマクブライド・トーマス平極四次曲線図法。広島市出身。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、測量士補、潜水士、元PADIダイブマスター、四アマ。GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、発言は個人の見解です。

-GIS, ArcGIS

© 2021 WINGFIELD since1981