YouTube | Facebook | Twitter  Feed

IRasterDataExclusion の利用

2007/2/5 (月)

久しぶりに初登場のインタフェースと接近遭遇しました。ラスターを分類表示する際に値を除外するのに使用するものだけど、ArcMap の GUI でも使用したことがありません。シンボル分類で値の除外はよくてベクトルデータで使用するぐらいですが、ラスター レイヤーでもできるんですね。

概要

属性テーブルをもったラスタ レイヤを分類表示する際,値からデータの除外を行うのに使用するインタフェース。

ArcMap GUI での操作

[ArcMap] → ラスター レイヤーのプロパティ → [シンボル] タブ → 表示:[分類] → [分類]ボタン] → [除外]ボタン → [値]タブ → [除外する値]

使用方法

IRasterDataExclusion::ExcludeRanges:範囲を追加するプロパティ
IRasterDataExclusion::ExcludeValues:値を追加するプロパティ

各プロパティにはDouble型で配列宣言した変数をセットする。ExcludeRangesは開始値・終了値をペアで追加する。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング, ArcGIS
-

© 2020 WINGFIELD since1981