YouTube | Facebook | Twitter  Feed

外部アプリケーションからArcGISを制御する方法

2007/2/1 (木)

外部アプリケーションから起動しているArcGISアプリケーションを制御するには、IAppROTを使用する。アプリケーション内のコマンドを実行するには、ツールバーに追加しておく必要がある。マクロを実行する際も同様。

下のコード例は、Projectテンプレート内のThisDocumentモジュールに作成したMyMacroプロシージャを実行する例。

Private Sub Command1_Click()
Dim pAppROT As IAppROT
Set pAppROT = New AppROT

Dim pApplication As IApplication
Set pApplication = pAppROT.Item(0)	'インデックス番号でアプリケーションを特定

Dim pDocument As IDocument
Set pDocument = pApplication.Document

Dim pCommandBars As ICommandBars
Set pCommandBars = pDocument.CommandBars

Dim pCommandItem As ICommandItem
Set pCommandItem = pCommandBars.Find("Project.ThisDocument.MyMacro")

pCommandItem.Execute

End Sub

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング, ArcGIS
-

© 2020 WINGFIELD since1981