YouTube | Facebook | Twitter  Feed

外部アプリケーションからArcGISを制御する方法

2007/2/1 (木)

外部アプリケーションから起動しているArcGISアプリケーションを制御するには、IAppROTを使用する。アプリケーション内のコマンドを実行するには、ツールバーに追加しておく必要がある。マクロを実行する際も同様。

下のコード例は、Projectテンプレート内のThisDocumentモジュールに作成したMyMacroプロシージャを実行する例。

Private Sub Command1_Click()
Dim pAppROT As IAppROT
Set pAppROT = New AppROT

Dim pApplication As IApplication
Set pApplication = pAppROT.Item(0)	'インデックス番号でアプリケーションを特定

Dim pDocument As IDocument
Set pDocument = pApplication.Document

Dim pCommandBars As ICommandBars
Set pCommandBars = pDocument.CommandBars

Dim pCommandItem As ICommandItem
Set pCommandItem = pCommandBars.Find("Project.ThisDocument.MyMacro")

pCommandItem.Execute

End Sub

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

好きな地図投影法 はパース・クィンカンシャル図法とマクブライド・トーマス平極四次曲線図法。広島市出身。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、測量士補、潜水士、元PADIダイブマスター、四アマ。GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、発言は個人の見解です。

-プログラミング, ArcGIS
-

© 2021 WINGFIELD since1981