YouTube | Facebook | Twitter  Feed

図解! ArcGIS Part2 GIS実践に向けてのステップアップ

2008/2/29 (金)

この本は、横浜国立大学の先生が書かれたArcGISの本で、ステップバイステップで操作を行っていくので初心者には大変わかりやすいです。Part1が好評でPart2出て、明日Part2の第2版が出版されます。

そのPart2の第2版に追加で掲載されるコラムの執筆を担当させてもらいました。市販の書籍で名前が載せてもらえるとはうれしい限り。早く書籍執筆の方も始めないと!

コラムでは「ジオデータベース」が誕生した背景とその可能性についてITとGISとESRIの歴史に紐づけて説明しています。誌面も限られてたので極力わかりやすく掻い摘んで書いたつもりです。そしてさりげなくArcObjectsの話を入れてます。だって俺はArcObjecterだから。

GISに関わりのない人は全くもって何がすごいのかわかんないですね。書店やAmazonで見かけたらw是非ご一読ください。Part2の第2版ですよ~

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-日記

© 2020 WINGFIELD since1981