YouTube | Facebook | Twitter  Feed

InMemoryWorksapce の取得方法

2016/9/1 (木)

'******************************************************************************
' 定義      :Private Function GetInMemoryWorkspace()
' 概要      :InMemoryWorkspaceの取得
' 備考      :このWorkspaceではCreateFeatureDatasetやCreateQyeryDefは無効
' 第1引数   :String         Workspace名
' 第2引数   :Boolean        (オプション デフォルト値:True)InMemoryWorkspaceを新規作成するかどうか
' 第3引数   :IPropertySet   (オプション デフォルト値:Nothing)DBMSへの接続情報
' 第4引数   :Long           (オプション デフォルト値:0)ウィンドウ ハンドル
' 戻り値    :IWorkspace     Workspace
'******************************************************************************
Private Function GetInMemoryWorkspace(Name As String, Optional Create As Boolean = True, Optional ConnectionProperties As IPropertySet = Nothing, Optional hWnd As Long = 0) As IWorkspace
    Dim pWorkspaceFactory As IWorkspaceFactory
    Dim pName As IName
    Set pWorkspaceFactory = New InMemoryWorkspaceFactory
     
    If Create = True Then
        Set pName = pWorkspaceFactory.Create("", Name, ConnectionProperties, hWnd)
        Set GetInMemoryWorkspace = pName.Open
    Else
        Set GetInMemoryWorkspace = pWorkspaceFactory.Open(ConnectionProperties, hWnd)
    End If
     
End Function

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング, ArcGIS
-,

© 2020 WINGFIELD since1981