YouTube | Facebook | Twitter  Feed

YONGNUO YN600Air と Manfrotto PIXI EVO で撮影環境を構築

前回 GoPro HERO5 用マイクアダプターのレビュー動画を作ってみたのですが、部屋の電灯では光の向きの関係で顔が黒く写ってしまい映えないことが分かりました。

ということで、撮影環境を充実させるために補助照明を探すことにしました。手頃な値段でメジャーなのだと、YONGNUO の YN600 とか YN900 のようですが、ファンが鳴ったり鳴らなかったりで気が散るとの感想があり、YN600Air という製品を選びました。

これで撮影の明るさは問題ないと思って比較すると、日焼けが黒すぎてよくわからん、、、

でもよく見ると明るく写ってることは確認できます。

部屋の仕様上、床に座って撮影するので座卓でライトをかざすためのミニ三脚も購入しました。Manfrotto PIXI EVO というものです。PIXI の方が小さくてしっかりしているという評価もあり、たしかに座卓には大きすぎる感があります。

光量初期値の設定方法(2017年9月18日追加)

後ろのダイヤルで光量が調整できますが、光量の初期値は、ダイヤルで値を設定し、表示が消えた後に電源を切るとメモリーされるようです。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-IT, ガジェット

© 2020 WINGFIELD since1981