YouTube | Facebook | Twitter  Feed

ArcMapで無料ジオコーディング

ArcGISとGoogleをマッシュアップしてみました。VBAでGoogleのAPI関数が呼び出せる方法があればできると思ってたら記事がありました。

とあるブログ記事を参考に、ArcMapのUIEditBoxControlに入力した文字列をGoogle Maps APIへ渡してジオコーディングした結果を返すツールを作ってみました。
文字列を入力したら経緯度を返し、その範囲にマップをジャンプ。しかもGoogle内で正規化された住所文字列と座標値(経緯度、データフレームの座標系に基づく単位)を返して、おまけにハイライト。

もう少しがんばればアドレスマッチングのバッチツールもできそうです。

ただ、いくつか知ってる住所を検索すると、全然違う場所を返したり、住所のマッチ率が不明なのが微妙です。GoogleMapsは可能な限り無理矢理経緯度を返そうとするみたい。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

呉市生まれ広島市出身。Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。GIS を使った自己紹介はこちら

-日記

© 2020 WINGFIELD since1981