YouTube | Facebook | Twitter  Feed

ArcGIS 9.2

2006/11/2 (木)

もうすぐ米国ではArcGIS 9.2がリリースされるようです。ArcGIS Serverがウリだとか、ジオデータベースがパワーアップしたとか、アピールポイントはいろいろとあるみたいですが、一番気になったのはこれ。

"The Goode's Homolosine projection, which is new at 9.2, is unknown to 9.1."
「9.2でグード図法(ホモロサイン図法)に対応」

//webhelp.esri.com/arcgisdesktop/9.2/body.cfm?tocVisable=1&ID=188&TopicName=Saving%20to%20previous%20versions%20of%20ArcGIS

国内ユーザはローカライズしてある投影法定義がUTM図法と平面直角座標系だけなんで、世界地図や日本全図なんかを投影するのに最適な投影法ってのが理解されにくいみたいです。ランベルト図法とか正距方位図法なんかもローカライズしてほしいところです。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-ArcGIS

© 2020 WINGFIELD since1981