YouTube | Facebook | Twitter  Feed

ネットワーク解析レイヤの使用で消費したメモリの解放

2010/2/3 (水)

ArcGIS のネットワーク解析レイヤを追加・削除し続けるとメモリ消費量が増加し続ける現象があり、メモリリークの疑いを検証するためにパフォーマンス モニターを使用しました。 本題の結論はメモリ リークではなく、レイヤ操作がスタックされるための仕様だそうです。

スタックを管理している IMxDocument::OperationStack から該当する Operation を削除することでメモリ増加量を開放させることができます。.NET だとガベージ コレクションが実行された際に消費メモリが解放されます。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング, ArcGIS
-

© 2020 WINGFIELD since1981