YouTube | Facebook | Twitter  Feed

2015BRM606 白馬・木崎湖600、完走

2015/6/7 (日)

先週の600km リタイヤの翌日はちょっとキツい筋肉痛がある状態で出勤して普通に仕事をします。次の週末も 600km 走る訳ですが、ここで 600km 完走しないと SR 取得に北海道とかへの遠征が必要になることを考えていたら、月曜時点での参加意欲 5% が、金曜には 90% に上昇します。

土曜日早朝が雨予報で少しやる気が落ち気味でしたが明け方から止む予報だったのでやる気は十分でした。

2015BRM606 白馬・木崎湖600

BRM606 はスタートが土曜の深夜0時だったので、金曜は定時で上がり自宅で 2 時間ほど仮眠をとります。起床時間に雨音を聞いてやる気をなくしているとうっかり二度寝してしまい、1 時間の寝坊。この時点で心が折れます。23 時30 分のブリーフィングには間に合わないけど0時のスタート時間には間に合いそうだったので無理して出発を決めます。

コース

思い出すままに書いておきます。

前回の 600km も途中雨予報だったので結構な DNS(Did Not Start)となってましたが、今回はスタート前から雨が降っているにもかかわらず結構な人が集まってました。

午前 6 時のスタートから約 6 時間、100km の間は雨に打たれっぱなしです。序盤で完全にやる気を失ってました。明け方雨は止んだので少し気持ちを取り直してひたすらこぐ。

途中経由地の長野市で大学時代の友人夫妻が応援に駆けつけてくれました。ここでやる気を取り戻す。彼が取ってくれた写真を 1 枚。

2015BRM606白馬・木崎湖600

夜半、折り返しの木崎湖チェックポイントではスタッフの方がバーベキューでおもてなししてくれました。6 月なのに気温は 8 度。ここで誘惑に駆られて DNF する人も出てましたが、根性で前に進みます。

前回の反省を受け、今回は固まった仮眠は取らず、できるだけこぎ続けました。眠くなったら自転車を路肩に止めてその場で目を閉じる作戦。このおかげで時間の貯蓄ができます甲府を過ぎた PC で 1 時間以上の固まった睡眠を取ります。その後の御坂みちは辛かった。河口湖、山中湖に着いた時にはもうゴール確定という感覚でした。

最後同志みちを下り、関東平野をこぎ続け、完走。

SR 取得の残りは 400km と 200km の2つです。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Twitter#一日一図法を連載中。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、CompTIA CTT+ Classroom Trainer、潜水士、元PADIダイブマスター、四アマ。 代表著書『地図リテラシー入門―地図の正しい読み方・描き方がわかる』 GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、発言は個人の見解です。

-自転車, 日記
-