YouTube | Facebook | Twitter  Feed

斜軸正角割円錐図法の訳語

2007/12/17 (月)

国土地理院でが発行している”1/300万 日本とその周辺”という地図がありますが、これに採用されている投影法をArcGISで定義する方法が分からない。日本のサイトやマニュアルにも載ってないので米国のサイトで調べようと思ったんだけど、そもそもなんて訳せばよいのかがわからない。

この地図で使用されている投影法の名称は”斜軸正角割円錐図法”というんですが(そもそもどんな投影法なのか興味がある人はこちらを)、 国土地理院に問い合わせたところ、「 英語の名称は用意されておりません。」とのこと。うーん困った。

まさかとこんなマニアックな単語辞書にあるわけないよな~と思いつつスペースアルク を調べたら、ありましたよ!かなりのヒントが。

割円錐図法 斜軸法

これはすごい!英二郎にはこんな単語まで載ってるんだねぇ~。正角図法が"Comformal projection"だから、"Oblique aspect conformal secant conic projection"? ただつなげただけ。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-日記

© 2020 WINGFIELD since1981