YouTube | Facebook | Twitter  Feed

ラスター レイヤーのエクスポート

2016/9/1 (木)

private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
 {
    //レイヤの取得
    IRasterLayer pRasterLayer = (IRasterLayer)axSceneControl1.Scene.get_Layer(0)neControlの最上位レイヤを取得
     IGeoDataset pGeoDataet = (IGeoDataset)pRasterLayer;
 
     //出力用ジオデータベースへのアクセス
     IWorkspaceFactory pWorkspaceFactory = new FileGDBWorkspaceFactory();
     IWorkspace pWorkspace = pWorkspaceFactory.OpenFromFile(@"D:\Workspace\FGDB.);
 
     //出力範囲の設定
     IEnvelope pEnvelope = new EnvelopeClass();
     pEnvelope.PutCoords(135,35,137,37); //ラスタの座標系の単位に合わせて切り取
            //出力ラスタのピクセルサイズを計算
     int NewSizeX = (int)(pRasterLayer.ColumnCount * pEnvelope.Width / pGeoDataet.Width);
     int NewSizeY = (int)(pRasterLayer.RowCount * pEnvelope.Height / pGeoDataet.Height);
 
     IRasterLayerExport pRasterLayerExport = new RasterLayerExportClass();
     pRasterLayerExport.Extent = pEnvelope;  //範囲
     pRasterLayerExport.RasterLayer = pRasterLayer;
     pRasterLayerExport.Force2RGB = false;   //RGBを使用
     pRasterLayerExport.SpatialReference = ((IGeoDataset)pRasterLayer).SpatialRe; //IGeoDataset::SpatialReferenceにキャスト 出力空間参照の設定
     pRasterLayerExport.SetSize(NewSizeX, NewSizeY);   //出力ラスタのセルサイズを設定
      
     //出力
     //第1引数:出力先のワークスペース、第2引数:出力ラスタ データセット名、第3ーマット(文字列で指定)
     IRasterDataset pRasterDataset = pRasterLayerExport.Export(pWorkspace, "expoDB");
  
 }

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング, ArcGIS
-,

© 2020 WINGFIELD since1981