YouTube | Facebook | Twitter  Feed

フィーチャクラス作成時に Z 値の格納を許可

2016/9/1 (木)

// Shapeフィールドの場所を特定します。
for (int j = 0; j < fields.FieldCount; j++)
{
    if (fields.get_Field(j).Type == ESRI.ArcGIS.Geodatabase.esriFieldType.esriFitry)
    {
        strShapeField = fields.get_Field(j).Name;
 
        //ジオメトリタイプ・Z値を許可
        IFieldEdit pGeometryField = (IFieldEdit)fields.get_Field(j);
        IGeometryDefEdit pGeometryDefEdit = (IGeometryDefEdit)pGeometryField.GeometryDef;
        pGeometryDefEdit.GeometryType_2 = esriGeometryType.esriGeometryPoint;
        pGeometryDefEdit.HasZ_2 = true;
 
        //空間参照の定義
        ISpatialReference pSpatialReference = null;
        //pSpatialReference 空間参照を別フィーチャクラス等から取得
        pGeometryDefEdit.SpatialReference_2 = pSpatialReference;
 
        //Zドメインを設定
        ISpatialReferenceResolution pSpatialReferenceResolution = (ISpatialReferon)pGeometryDefEdit.SpatialReference;
        pSpatialReferenceResolution.SetDefaultZResolution();
    }
}

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング, ArcGIS
-,

© 2020 WINGFIELD since1981