YouTube | Facebook | Twitter  Feed

レイヤーをコピーする方法

2009/1/21 (水)

ArcObjects には IClone というインタフェースがあり、これを実装しているクラスは IClone::Clone() メソッドによってオブジェクトの複製が行えます。しかし、TOC でレイヤをコピー&貼り付けのように、レイヤの複製を行いたい場合は、レイヤー クラスに IClone 実装されていないためが使えません。

その代わりに使用するのが IObjectCopy インタフェース。これは ObjectCopy クラスをインスタンス化して IObjectCopy::Copy()メ ソッドによってオブジェクトの複製を行います。

オブジェクトのコピーなので、FeatureLayer だとシンボルとか選択状態、フィルタ設定などの情報もすべてコピーされます。

ヘルプを読むと IPersistStream インタフェースを実装しているクラスに適用できるようです。基本的に CoClass と考えれば良いです。

サンプルコード

Public Sub CopyLayer()
'マップ ドキュメントを取得
Dim pMxDocument As IMxDocument
Set pMxDocument = ThisDocument

'マップを取得
Dim pMap As IMap
Set pMap = pMxDocument.FocusMap

'コピー元レイヤを取得
Dim pLayer As ILayer
Set pLayer = pMap.Layer(0)

'ObjectCopyの作成
Dim pObjectCopy As IObjectCopy
Set pObjectCopy = New ObjectCopy

'コピーレイヤを作成
Dim pNewLayer As ILayer
Set pNewLayer = pObjectCopy.Copy(pLayer)

'コピーしたレイヤをマップに追加
pMap.AddLayer pNewLayer

End Sub

参考

http://forums.esri.com/Thread.asp?c=93&f=1170&t=259909#798335

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング, ArcGIS
-

© 2020 WINGFIELD since1981