XML パーサーの利用

投稿日:2016/9/1 (木) 更新日:

Dim pXmlPropertySet As IXmlPropertySet2
Set pXmlPropertySet = New XmlPropertySet
pXmlPropertySet.SetXml strBuffer
 
Debug.Print pXmlPropertySet.CountX("Response/Placemark")
 
Dim i As Integer
For i = 1 To pXmlPropertySet.CountX("Response/Placemark")
 
strWork(0) = pXmlPropertySet.SimpleGetProperty("Response/Placemark[@id='p" & i &/Point/coordinates")                  '経緯度
strWork(1) = pXmlPropertySet.SimpleGetProperty("Response/Placemark[@id='p" & i &/AddressDetails/Country/AddressLine") '変換文字列
 
Debug.Print strWork(0), strWork(1)
 
 
Next i

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

伊達と酔狂でエクストリーム スポーツに挑む GIS エンジニア。 GIS、IT、趣味に関して日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。同じ問題に出会った方の参考になっていただければ幸いです。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング, ArcGIS
-,

Copyright© WINGFIELD since1981 , 2019 All Rights Reserved.