YouTube | Facebook | Twitter  Feed

XML パーサーの利用

2016/9/1 (木)

Dim pXmlPropertySet As IXmlPropertySet2
Set pXmlPropertySet = New XmlPropertySet
pXmlPropertySet.SetXml strBuffer
 
Debug.Print pXmlPropertySet.CountX("Response/Placemark")
 
Dim i As Integer
For i = 1 To pXmlPropertySet.CountX("Response/Placemark")
 
strWork(0) = pXmlPropertySet.SimpleGetProperty("Response/Placemark[@id='p" & i &/Point/coordinates")                  '経緯度
strWork(1) = pXmlPropertySet.SimpleGetProperty("Response/Placemark[@id='p" & i &/AddressDetails/Country/AddressLine") '変換文字列
 
Debug.Print strWork(0), strWork(1)
 
 
Next i

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

伊達と酔狂のGISエンジニア。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、CompTIA CTT+ Classroom Trainer、潜水士、PADIダイブマスター、四アマ。WordPress は 2.1 からのユーザーで歴だけは長い。 代表著書『地図リテラシー入門―地図の正しい読み方・描き方がわかる』 GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、青山学院大学非常勤講師を兼務。発言は個人の見解です。

-プログラミング, ArcGIS
-,