YouTube | Facebook | Twitter  Feed

3D シーンを VRML 形式でエクスポート

2016/9/1 (木)

Public Sub subExportVRML()
    Dim pSxDocument As ISxDocument
    Set pSxDocument = ThisDocument
     
    Dim pScene As IScene
    Set pScene = pSxDocument.Scene
     
    Dim pVRMLExporter As IVRMLExporter
    Set pVRMLExporter = New VRMLExporter
     
    Dim pSceneExporter3d  As ISceneExporter3d
    Set pSceneExporter3d = pVRMLExporter
     
    With pVRMLExporter              ' ArcScene、ArcGlobeの3Dエキスポートオプション 項目名
        .Indentation = False        ' VRML ファイル内のテキストを読みやすくインデント
        .IsYUp = True               ' 縦方向の軸としてYを使用
        .MoveToOrigin = False       ' 座標系の原点を中央に表示
        .Quality = 100              ' JPEG テクスチャ品質(0-100)
        .SaveOnlyVisible = True     ' 表示レイヤのみを保存
        .UseElevationGrid = True    ' ラスタのサーフェスとして標高グリッドを使用
        .UseGeoVRML = False
    End With
     
    With pSceneExporter3d
        .ExportFileName = "test." & .FileExtension
        Debug.Print .FileExtension
        Debug.Print .Filter
        Debug.Print .Name
        .ExportScene pScene
    End With
 
End Sub

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Twitter#一日一図法を連載中。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、CompTIA CTT+ Classroom Trainer、潜水士、元PADIダイブマスター、四アマ。 代表著書『地図リテラシー入門―地図の正しい読み方・描き方がわかる』 GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、発言は個人の見解です。

-プログラミング, ArcGIS
-,