YouTube | Facebook | Twitter  Feed

テーブルの要約統計を表示

2016/9/1 (木)

import arcpy
 
table = r"E:\SpatialData\Vector\Data2\ex04\japan_jgd.shp"   #テーブル
field = "P_NUM" #フィールド
 
#解析 ツールボックス → 統計情報 → 要約統計量 ツール
arcpy.Statistics_analysis(table, r"in_memory\stats", [[field, "MAX"],[field, "MIN"]])
 
#インメモリ ワークスペース(in_memory)の使用
#http://resources.arcgis.com/ja/help/main/10.2/index.html#//002w0000005s000000
 
# SearchCursor 関数を使用して Cursorオブジェクトを取得
cur = arcpy.da.SearchCursor(r"in_memory\stats",["FREQUENCY","MAX_" + field,"MIN_" + field])
cur.reset()
row = cur.next()
print "FREQUENCY:" + str(row[0])    #レコード数
print "MAX      :" + str(row[1])    #最大値
print "MIN      :" + str(row[2])    #最小値
 
# オブジェクトを削除して参照を解放
del cur

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

好きな地図投影法 はパース・クィンカンシャル図法とマクブライド・トーマス平極四次曲線図法。広島市出身。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、測量士補、潜水士、元PADIダイブマスター、四アマ。GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、発言は個人の見解です。

-プログラミング, ArcGIS
-

© 2021 WINGFIELD since1981