YouTube | Facebook | Twitter  Feed

ロードレーサーへの道 ~車種の選定~

2014/9/6 (土)

さて、健康と運動のために自転車を買うわけですが、何の車種にしようか考えました。先代を振り返ると、

  • 初代:Diamondback 車種不明(マウンテンバイク)
  • 2代目:Bianchi Volpe(ツーリング用ロードバイク)
  • 3代目:Dahon SPEED P8(ミニベロ)←イマココ

と乗ってきました。今回の目的は主に都内中心の移動用なので、最初はクロスバイクを考えてました。2代目はツーリングすることを目的にしたので、キャリアが取り付けられるダボ穴(台座)付きのドロップハンドルでしたが、近場とか坂道だと扱いづらかったので途中からバーエンド一体型のようなフラットハンドル(SCOTT AT-3)に換装して乗ってました。クロスバイク的な感じです。

SCOTT AT-3 ハンドル

SCOTT AT-3 ハンドル

2代目は奈良市にある「サイクルショップ ひろしの店」で購入し、いろいろ相談に乗ってもらいました。名前のインパクト大。ちなみに初代は「キムラ自転車」で購入。海田の自転車屋といえば誰もが知ってる店でしょう。「カラーはええどぉ。」を思い出します。

ロードバイクかクロスバイクか

上のフラットハンドルはまだ持っているので、クロスバイクを買ってハンドルだけ交換しようかと考えてました。ロードバイクはタイヤが細すぎるので抵抗があったけど、ビアンキ専門店に行って試乗したら 700x23C でもそんなに細くは見えないしアスファルトを走る分には問題ないと感じました。ここでロードバイクに傾きます。

さらに、フラットハンドルへ換装するには、フラット用のシフトレバーを追加したりしないといけないのでかなり費用がかかると言われ、さらに傾きます。どうしてもドロップハンドルになじめなかったら、そのときにフラットハンドルに換装すればいいということで、ロードバイクを買うことに決めました。ちなみに最近では「フラットバーロード」というジャンルが確立されつつあるそうで、最初の選択肢も間違ってはないようです。

ロードレーサー or ロードバイク

そういえばタイトルにも付けている「ロードレーサー」、自分が自転車をやってた時代は「ロードレーサー」と呼んでたのに、知らない間に「ロードバイク」と呼ばれている。トラディショナルを決め込んで「ロードレーサー」と言い続けたいところだけど、この呼び名は現在では古くさい印象のようです。

フレームの適正サイズを決める

自分の体格に合った自転車のフレームを決めます。スポーツ車だとフレームサイズがいくつか選択できます。昔は諸元を「フレームサイズ」と呼んでた記憶ですが、今では「ジオメトリ」と言うそうです。ジオメトリというと職業柄どうしてもポリゴンとかポイントとかを想像してしまいます。だいたい身長と股下長で分かるけどいまいち不安だったので自転車専門店に行って計測してもらいました。

SHIMANO フィッティングシステム

SHIMANO フィッティングシステム

SHIMANO フィッティングシステム

SHIMANO フィッティングシステム

SHIMANO フィッティングシステム

SHIMANO フィッティングシステム


SHIMANO バイクフィッティング サイジングシステムだそうです。有償ですが自分が予想していたフレーム サイズより一つ上が適正だったことが分かってよかったです。

計測結果

計測結果

適正ジオメトリ

適正ジオメトリ


ブランド(メーカー)を決める

では、次にどのブランドにするか。個人的にブランド イメージは大切だと思ってます。調べると自分の知らなかったブランドがいっぱいあることが分かりましたが、元々2つに絞ってました。

ビアンキは高いし、実はチェレステは好みではない。中身重視で安価にするならジャイアントだけどあれだし、、、と悩んだ結果ブリヂストン アンカー(ANCHOR)にします。海外ブランドを買ってもコンポーネントはシマノだし、最近メイドインジャパンに傾倒しているのでジャパン ブランドに決めました。

コンポーネントの選択

普段使うコンポーネントは ArcObjects か ArcPy かなんだけど、自転車の世界ではギアとかブレーキとか変速機とかのパッケージを「コンポーネント」と言います。普通に購入する自転車のコンポーネント メーカーはほぼシマノなので、シマノのどのグレードを選ぶかになります。安いのでいいかと思ってたけど、シフトレバー周りがすっきりしていることと、リア 11段ということで SHIMANO 105 5800系 にかなり傾く。最初の MTB は 3x7 = 21 段、2代目は 2x8 = 16 段。今は 11段もあるのかと思うと自転車も進化してることを感じます。

結論

ブリヂストン アンカー ANCHOR RA6 EQUIPE レーシングレッド

車種略号RA6 EQUIPERA6 SPORT
フレームサイズ430-460-490-520-550mm430-460-490-520-550mm
フレームSQ-SHAPE Aluminium A6061
トリプルバテッド インテグラルヘッド
SQ-SHAPE Aluminium A6061
トリプルバテッド インテグラルヘッド
フロントフォークCarbon Monocoque ストレート形状 スーパーオーバーサイズCarbon Monocoque ストレート形状 スーパーオーバーサイズ
ヘッド小物VP-A66ACK ダイレクトインタイプ 上1-1/8 下1-1/4VP-A66ACK ダイレクトインタイプ 上1-1/8 下1-1/4
シートピンφ34.9 バンド式φ34.9 バンド式
ハンドルバーANCHOR-NITTO M101FANCHOR-NITTO M101F φ31.8
430mm:380W/460-520mm:400W/550mm:420W 注)芯幅
ハンドルステムANCHOR AluminiumANCHOR Aluminium 430mm:80L/460-490mm:90L/520mm:100L/550mm:110L
サドルANCHOR RACING M-WHITE/REDANCHOR RACING M-WHITE/BLACK
シートポストANCHOR Aluminium φ31.6×300LANCHOR Aluminium φ31.6×300L
タイヤBRIDGESTONE EXTENZA RR-2X 700×23CBRIDGESTONE EXTENZA RR-3X 700×23C
ホイールSHIMANO WH-R500SHIMANO WH-R500
メインコンポSHIMANO 105SHIMANO TIAGRA
ボトムブラケットSHIMANO SM-BB5700 68WSHIMANO SM-FC4500 68W
ペダルSHIMANO 105 PD-5700 BLACK SPD-SLVP-519A Aluminium フラットタイプ
ブレーキアーチSHIMANO 105 BR-5700 BLACKSHIMANO TIAGRA BR-4500
ブレーキレバーSHIMANO 105 ST-5700 BLACKSHIMANO TIAGRA ST-4500
フレーム重量フレーム単体 1,590g(490mm)
フレームセット2,050g(490mm)
フレーム単体 1,590g(490mm)
フレームセット 2,050g(490mm)
完成車重量9.0kg(490mm)ペダル付き
8.7kg(490mm)ペダルなし
9.3kg(490mm)ペダル付き
9.0kg(490mm)ペダルなし

ブリヂストンもパナソニックの POS みたくカラーオーダーができるので、ハンドルバーとかサドルとかは黒にまとめて標準とは若干変更してます。もちろん赤はマストです。

ANCHOR RA6 EQUIPE

ANCHOR RA6 EQUIPE

ネットショップで定価2割引を見つけて注文しました。安いせいか注文殺到とのことで納車は11月になるらしい。シーズン終わっちゃうよ、、、

さて、次はその他諸々の調達です。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-自転車, 日記

© 2020 WINGFIELD since1981