YouTube | Facebook | Twitter  Feed

Text Snippet Viewer

2014/4/1 (火)

テキスト ファイルをスニペットとして管理するツール

アプリケーション概要

設定されたフォルダー パス内に存在するテキスト ファイル(*.txt)をツリー表示します。テキスト ファイルを選択してプレビューを表示したり、テキストの内容をクリップボードにコピーすることができます。タスクバーに常駐できるので、よく使うコードや 文書の断片を効率よく呼び出すことができます。

ツリーからスニペットとしてテキスト ファイルを新規作成したり、編集、名前の変更、削除ができます。テキスト ファイルの編集は拡張子(*.txt)に関連づけられたアプリケーション(デフォルトではメモ帳)で編集します。

 

インストール方法

ZIP ファイルを解凍して任意のパスに配置し、TextSnippetViewer.exe を実行してください。初回起動時に設定ファイルが作成されます。デフォルトでは、exe と同一パス内にある SampleSnippets フォルダーがスニペットの保存先に設定されます。別のフォルダーを参照させたい場合は、[設定] メニュー → [設定] から変更してください。

動作環境

以下の環境で開発・テストしました。ビルドは x86 で行っています。

Microsoft Windows 7 (x64)

ダウンロード

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Twitter#一日一図法を連載中。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、CompTIA CTT+ Classroom Trainer、潜水士、元PADIダイブマスター、四アマ。 代表著書『地図リテラシー入門―地図の正しい読み方・描き方がわかる』 GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、発言は個人の見解です。

-IT, ソフトウェア