YouTube | Facebook | Twitter  Feed

データ フレーム内のすべてのフィーチャ レイヤで指定したフィールドの表示を切り替え

2010/6/11 (金)

ArcMapでアクティブなデータ フレーム内の全てのフィーチャ レイヤから指定したフィールドの表示を切り替えるVBAマクロです。

アクティブなデータ フレーム内はすべてフィーチャ レイヤであることが前提です。

Sub ShowHideField()

'フィールド名の設定
Dim vrnFieldName As Variant
vrnFieldName = Array("<フィールド名1>", _
"<フィールド名2>", _
"<フィールド名3>", _
"<フィールド名4>", _
"<フィールド名5>", _
"※必要なフィールド数だけカンマで区切って設定して下さい")

Dim pMxDocument As IMxDocument
Dim pMap As IMap
Dim pEnumLayer As IEnumLayer
Dim pLayerFields As ILayerFields
Dim pFieldInfo As IFieldInfo
Dim i As Long
Dim lngLayerIndex As Long

'MxDocumentの取得
Set pMxDocument = ThisDocument

'Mapの取得
Set pMap = pMxDocument.FocusMap

'Layerリストの取得
Set pEnumLayer = pMap.Layers()

'FeatureLayerの取得
Set pLayerFields = pEnumLayer.Next

Do Until pLayerFields Is Nothing

'インデックス番号の取得
For i = 0 To UBound(vrnFieldName)
lngLayerIndex = pLayerFields.FindField(vrnFieldName(i))
Set pFieldInfo = pLayerFields.FieldInfo(lngLayerIndex)
pFieldInfo.Visible = Not pFieldInfo.Visible
Next i

Set pLayerFields = pEnumLayer.Next

Loop

MsgBox "Done!"

End Sub
Do Until pLayerFields Is Nothing

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング, ArcGIS
-

© 2020 WINGFIELD since1981