YouTube | Facebook | Twitter  Feed

ジオプロセシングのスクリプトを VBA で実行する方法

2016/9/1 (木)

'ArcGIS 9.3.1 以下での実行方法
Public Sub GeoprocessorOnGPDispatch()
    'Geoprocessorオブジェクトの作成
    Dim gp As Object
'    Set gp = WScript.CreateObject("esriGeoprocessing.GPDispatch.1")    'VBScriptで記述する場合
    Set gp = CreateObject("esriGeoprocessing.GPDispatch.1")  'VBAの場合
     
    '使用するツールボックスの読み込み
    gp.AddToolbox "C:/Program Files/ArcGIS/ArcToolbox/Toolboxes/Analysis Tools.tbx"
     
    'パラメータの設定
    Dim inputFC As String
    inputFC = "C:\Program Files\ArcGIS\DeveloperKit\SamplesCOM\data\World\world30.shp"
     
    Dim outputFC As String
    outputFC = "D:\Workspace\world30_Buffer.shp"
     
    Dim distance As String
    distance = "10 Kilometers"
     
    '処理実行バッファ (Buffer)
    gp.Buffer_analysis inputFC, outputFC, distance, "FULL", "ROUND", "NONE", ""
 
End Sub

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング, ArcGIS
-,

© 2020 WINGFIELD since1981