YouTube | Facebook | Twitter  Feed

LoaderLock エラー・C++ Runtime エラー発生時の対処

2016/9/1 (木)

C ランタイムライブラリのロードでエラー R6034 が発生するのは、マニフェストがないために発生するエラーとなっています。マニフェストとともにアプリケーションがビルドされるようにするとエラーが回避できます。

以前にも状況は異なりますが、同様のエラーの発生に関して問い合わせがありその時に、回避方法として提示された方法があります。同じ方法で今回もエラーが解消できましたのでその方法をご紹介します。

尚、このエラーに関して ESRI は「サードパーティ製のソフトウエアによって引き起こされているものであり、ArcGIS Engine や ArcObjects のコードによるものではない」としています。

以下が回避方法の手順です。

  1. Visual Studioのプロジェクトを開き、ソリューション エクスプローラーからプロジェクトを選択し、右クリック → 追加 → 新しい項目 を選択します。
  2. Visual C# アイテムから、「アプリケーション マニフェスト ファイル」を選択します。
  3. 追加されたマニフェスト ファイルを開き、ルートの要素の中に以下の要素を追加します。
      <dependency>
       <dependentAssembly>
         <assemblyIdentity type="win32" name="Microsoft.VC90.CRT" version="9.0.21022.8" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="1fc8b3b9a1e18e3b"></assemblyIdentity>
       </dependentAssembly>
      </dependency>
      <dependency>
       <dependentAssembly>
         <assemblyIdentity type="win32" name="Microsoft.VC90.MFC" version="9.0.21022.8" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="1fc8b3b9a1e18e3b"></assemblyIdentity>
       </dependentAssembly>
      </dependency>
    
  4. プロジェクトをリビルドします。
  5. 動作を確認します。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング, ArcGIS
-,

© 2020 WINGFIELD since1981