YouTube | Facebook | Twitter  Feed

ArcObjectsのコツ

2006/10/5 (木)

ポリゴンからポリラインを作成するには、ITopologicalOperator::Boundaryを使用する。

ArcObjectsで空間検索機能を実現すると、ArcMapのダイアログで処理するより時間がかかる。同様のパフォーマンスを得るためにはコツが必要。

ポリゴンに「完全に含まれる」ポリゴンを取得:
esriSpatialRelContainsで取得したポリゴンを、アウトラインにesriSpatialRelIntersectsをかけた結果を相殺する。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Twitter#一日一図法を連載中。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、CompTIA CTT+ Classroom Trainer、潜水士、元PADIダイブマスター、四アマ。 代表著書『地図リテラシー入門―地図の正しい読み方・描き方がわかる』 GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、発言は個人の見解です。

-GIS, ArcGIS
-