YouTube | Facebook | Twitter  Feed

ショートカット メニューでバージョン対応レイヤの解除

ArcGISのArcCatalogで、エンタープライズ ジオデータベースのフィーチャクラスをバージョン対応レイヤに設定するためのショートカット メニューはデフォルトで用意されてるが、バージョン対応レイヤの解除を行うためのショートカット メニューはデフォルトで用意されていない。

これは隠れたコマンドになってるので、[ArcCatalog] > [ツール] > [カスタマイズ]から、[カスタマイズ]ダイアログ > [コマンド]タブ > [ジオデータベース]カテゴリ >[バージョン対応の解除]ボタンを任意のツールバーにドロップしておかなければならない。

該当のフィーチャクラスを選択してツールバーのボタンをクリックするのが煩わしかったら、ショートカット メニューに追加する方法があります。

[カスタマイズ]ダイアログを開いた状態で、[ツールバー]タブ > [ショートカット メニュー]を表示し、[エンタープライズ ○○○ ショートカット メニュー]の各項目に追加します。[バージョン対応レイヤとして登録]というメニューがあるショートカット メニューの下に配置しておくと、便利です。

capture

[] >

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-GIS, ArcGIS

© 2021 WINGFIELD since1981