YouTube | Facebook | Twitter  Feed

フィールド演算の実行

2016/9/1 (木)

Public Sub FieldCalculator()
    Dim pMxDocument As IMxDocument
    Set pMxDocument = ThisDocument
     
    Dim pFeatureLayer As IFeatureLayer
    Set pFeatureLayer = pMxDocument.FocusMap.Layer(0)
     
    Dim pTable As ITable
    Set pTable = pFeatureLayer.FeatureClass
     
    'フィールド演算
    Dim pCursor As ICursor
    Set pCursor = pTable.Update(Nothing, False) 'UpdateCursor が必要
     
    Dim pCalculator As ICalculator
    Set pCalculator = New Calculator
    Set pCalculator.Cursor = pCursor
    pCalculator.PreExpression = "Dim dblLength" & vbNewLine & _
                                "dblLength = [JCODE]"    'コード ブロック(バージョン10はVBScriptのみ使用可能)
    pCalculator.Expression = "dblLength"
    pCalculator.Field = "P_NUM"                     'フィールド名
  
    pCalculator.Calculate
 
End Sub
#フィールド演算でPythonを使用
 
#コードブロックを表示
def theFunction(theGeometry):
    return 'ジオメトリ タイプ : ' + theGeometry.type
 
----------
theFunction(!Shape!)
 
※日本語の文字列連結でエラー
ex) "ジオメトリ タイプ : " + theGeometry.type
 
※日本語文字の比較演算ができない(結果がfalseとなる)
ex) if aaa == "北海道"]:

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-プログラミング
-,

© 2020 WINGFIELD since1981