YouTube | Facebook | Twitter  Feed

SetWindowPos

2016/9/1 (木)

'APIの宣言
'******************************************************************************
' 定義      :SetWindowPos Lib
' 概要      :WindowsAPI宣言
' 第1引数   :Long
' 第2引数   :Long
' 第3引数   :Long       ウインドウの左上隅の新しい座標(ピクセル)
' 第4引数   :Long       ウインドウの左上隅の新しい座標(ピクセル)
' 第5引数   :Long       ウインドウの新しい幅(ピクセル)
' 第6引数   :Long       ウインドウの新しい高さ(ピクセル)
' 第7引数   :Long
' 戻り値    :Long
'******************************************************************************
Public Declare Function SetWindowPos Lib "user32" (ByVal hWnd _
    As Long, ByVal hWndInsertAfter As Long, ByVal x As Long, _
    ByVal y As Long, ByVal cx As Long, ByVal cy As Long, _
    ByVal wFlags As Long) As Long
 
'hwndInsertAfter values
'Public Const HWND_NOTOPMOST = -1 'ウィンドウが常に手前に表示される
 
' SetWindowPos Flags
Public Const SWP_NOSIZE = &H1  '現在のサイズを維持(cxとcyを無視)
Public Const SWP_NOMOVE = &H2  '現在の位置を維持します(xとyを無視)

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

好きな地図投影法 はパース・クィンカンシャル図法とマクブライド・トーマス平極四次曲線図法。広島市出身。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、測量士補、潜水士、元PADIダイブマスター、四アマ。GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、発言は個人の見解です。

-プログラミング
-

© 2021 WINGFIELD since1981