YouTube | Facebook | Twitter  Feed

テレビでみるGIS:ブラッディ・マンデイ

2008/10/11 (土)

テレビで見るGISシリーズ 第5弾、ブラッディ・マンデイ

バイオテロを巡って天才少年ハッカーと公安が手を組んで悪の組織と戦うモノ。週刊少年マガジンに原作が掲載されてますがTBSでドラマ化されたみたいです。

capture1 capture2

ドラマ第1話で出たシーンがこれ。電力ライン付近の人口密集施設を分析する画面。このカーネル密度分析やってるっぽい画面が限りなくArcGISのカラーランプに似ています。しかも拡大や縮小ボタンがなくてどうやって表示しているのかが謎です。もうちょっとプロっぽい画面に仕立てないとプロの目はごまかせません。

ところで、パソコンを駆使するこの手のシーンには毎度毎度うさんくさく感じるのは自分だけなんでしょうか?

capture3 capture4

sdemon -o start
.....
sdemon -o shutdown

port : 5151

なんてのを打ってるんですかね。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

好きな地図投影法 はパース・クィンカンシャル図法とマクブライド・トーマス平極四次曲線図法。広島市出身。GIS上級技術者、Esri認定インストラクター、測量士補、潜水士、元PADIダイブマスター、四アマ。GIS を使った自己紹介はこちら。ESRIジャパン(株)所属、発言は個人の見解です。

-テレビで見るGIS

© 2021 WINGFIELD since1981