YouTube | Facebook | Twitter  Feed

拡張子 "MXD" の由来

2008/7/1 (火)

ふと後輩から、「”MXD” ってなんの略なんですか?」と聞かれました。突飛押しもない質問されて答えられませんでした。ArcGIS で扱われる拡張子にはこんなのがあります。

  • MXD (ArcMap Document、マップ ドキュメント ファイル)
  • SXD (ArcScene Document、シーン ドキュメント ファイル)
  • 3DD (ArcGlobe Document、グローブ ドキュメント ファイル)
  • LYR (レイヤ ファイル)
  • CAL (条件式ファイル、高度なフィールド演算式)
  • LXP (Esri Label Expression、ラベル条件式)
  • SHP (シェープファイル、代表的な拡張子)
  • GDB (ファイル ジオデータベース、フォルダ)
  • MDB (パーソナル ジオデータベース、Access MDB を使用)
  • など

MXD の "M(Map)" と "D(Docment)" は想像がつくけど、"X" は何の略か想像ができません。ArcGIS Developer Help をみてもMXDに該当するクラスには "the Mx Document" としか書かれてません。Ex?テストナンバー? さらに調べてると Esri のディスカッションフォーラムに同じような質問してる人がいました。MXD は

Map Explorer Document

の略らしいです。ただ、回答を書いてるのがESRIの人ではなくイギリスの人だったのでいまいち信憑性が低い。でもサポートにこんなこと聞くのも申し訳ないので、米国で働いてる友人に調べてもらいました。そしたら、この答えは正解みたい。さらにトリビアも教えてくれて、ArcInfo 8.0 開発当初は「ArcMap」アプリケーションは「Map Explorer」という名称にする予定だったらしい。それが「ArcMap」に変更されたけど、拡張子だけはそのまま残ったんだそうな。 ArcObjects でも ArcMap 関連のクラスには "Mx"、ArcCatalogには "Gx"、ArcScene は"Sx"、ArcGlobeは"GMx" という接頭辞がつくけど、これに由来してたんですね。

関連記事

  • この記事を書いた人

羽田 康祐

Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら

-GIS, ArcGIS

© 2020 WINGFIELD since1981