sandbox

<syntaxhighlight lang="vb" title="VBA"> </syntaxhighlight> <syntaxhighlight lang="csharp" title="Visual C#"> </syntaxhighlight> <syntaxhighlight lang="vb" title="Visual Basic"> </syntaxhighlight> [[Category:esriCarto|]]

// SyntaxHighlighter makes your code snippets beautiful without tiring your servers.
// http://alexgorbatchev.com

var setArray = function(elems) {
    this.length = 0;
    push.apply(this, elems);
    return this;
}
'ArcGIS Engineによるドキュメントファイルの保存方法
'ArcGIS Engineで使用するMapControlには,IApplication::SaveDocumentのようなメソッドが存在しない。そのため,ドキュメントファイルを保存するには,新規MapDocumentクラスを作成して保存する。
'※SceneControlやGlobeControlではどのように保存するのだろうか?
Dim pMapDocument As IMapDocument
Set pMapDocument = New MapDocument
 
pMapDocument.New "D:\Workspace\myDocument.mxd"
pMapDocument.ReplaceContents MapControl1.object
pMapDocument.SetActiveView MapControl1.ActiveView
pMapDocument.Save True, True
# 使用するライセンス、ArcPy サイト パッケージをインポートします。
import arcview, arcpy
# ワークスペースを設定します。
arcpy.env.workspace = "D:\Student\PYTH\Data\Geodatabase\Japan.gdb"
# SearchCursor 関数を使用して SearchCursor オブジェクトを取得します。
cur = arcpy.da.SearchCursor("Prefectures", ["OID@", "Shape@", "Shape@AREA"])
# Cursor 内の row オブジェクトを使用して、フィーチャのジオメトリ情報を表示します。
for row in cur:
    geom = row[1]	# Geometry オブジェクトを取得します。
    print "Polygon ID: " + str(row[0])
    print "Area: " + str(row[2])	# row.Shape.area
    print "Centroid: " + str(geom.centroid.X) + ", " + str(geom.centroid.Y) + "\n"
# オブジェクトを削除して、参照を解放します。
del cur

Markdown見出し

  • 番号なし箇条書きの項目
  • 番号なし箇条書きの項目
  • 番号なし箇条書きの項目

Markdown見出し

  • 番号なし箇条書きの項目