IMap-Layers プロパティの第 1 引数に指定する UID を検索する方法

IMap::Layersプロパティの第1引数に指定するUIDを検索する方法

■UIDを検索するツール
UIDSearch.exe

----------------------------------- 第1引数を指定することにより,取得対象のレイヤを限定することができます。ここには,各インタフェースに割り当てられているUIDを指定します。

インタフェースに割り当てられているUIDの取得方法は以下のとおりとなります。
1.レジストリエディタを開く
2.\HKEY_CLASSES_ROOT_Interface\ にカーソルを合わせる
このカテゴリ内に各インタフェースのUIDを記述しています。
3.[編集]メニュー>[検索]から,以下の条件で検索
検索する値:{インタフェース名}
検索対象:{データ}のみにチェック
4.検索結果の{値}をコピー

例:サンプル掲載のUID
{6CA416B1-E160-11D2-9F4E-00C04F6BC78E} IDataLayer
{E156D7E5-22AF-11D3-9F99-00C04F6BC78E} IGeoFeatureLayer
{34B2EF81-F4AC-11D1-A245-080009B6F22B} IGraphicsLayer
{5CEAE408-4C0A-437F-9DB3-054D83919850} IFDOGraphicsLayer
{0C22A4C7-DAFD-11D2-9F46-00C04F6BC78E} ICoverageAnnotationLayer
{EDAD6644-1810-11D1-86AE-0000F8751720} IGroupLayer

サンプルに掲載されていないUID
{40A9E885-5533-11D0-98BE-00805F7CED21} IFeatureLayer

IMap::Layersの引数はオプションですので,何も指定しなえればすべてのレイヤを返します。
また,第2引数をTrueにすることで,グループレイヤ内のレイヤも取得するようになります。