3D 表示に関する設定

ArcSceneの表示で最低限必要なパラメータは観測点位置,目標点位置,視野角,ロール角(ステレオ表示の場合は眼間隔・視差・表示方法)です。その他の設定は基本パラメータに影響を与える関連設定となります。ArcObjectsを使用すると設定可能なパラメータは増えますが,こちらも同様に基本のパラメータに影響するもので,ユニークな設定ではありません。

*ArcSceneでの設定項目:9項目 ArcScene > 表示 > ビューの設定 設定可能項目

*マニュアル 「ArcGIS 3D Analyst ユーザーズ ガイド」の第7章:3Dビジュアライゼーションに記載されています。 (ヘルプの場合は、「エクステンション」>「3D Analyst」>「3Dの環境の表示」)

「ビューの設定」ダイアログに関しては、207~209ページに記載されています。 (ヘルプの場合は、「エクステンション」>「3D Analyst」>「3Dの環境の表示」>「ビューアの設定の変更」)

位置 観測点(X・Y・Z) 目標点(X・Y・Z)

表示特性 表示方法(三次元表示・二次元表示・ステレオ表示) ロール角度とピッチ(ロール角度・ピッチ角度) 視野角

ステレオ表示(表示特性-表示方法をステレオ表示に設定時) メソッド(ShutterGlass・Red/Blue anaglyph・Free) 眼間隔 視差 左右のビューを反対にする

3D表示に関する設定

ArcObjectsによる設定:16項目

-ICamera

Azimuth  :水平角

DisplayType :表示特性-表示方法(ステレオ・非ステレオ)

Inclination :鉛直角

Observer  :観測点(X・Y・Z)

ProjectionType  :表示特性-表示方法(三次元・二次元)

RollAngle  :ロール角

Rotate  :回転

Target  :目標点(X・Y・Z)

UpDirection :3次元ベクトル方向(3DVector)

ViewFieldAngle  :視野角

ViewingDistance :観測点と目標点の距離

-IStereoCamera

EyeSeparation  :眼間隔

EyeType  :眼種別(左・右)

LRViewFirst :最初に表示する眼種別(左・右)

Parallax  :視差

StereoViewType  :ステレオ表示-メソッド