ルート イベント レイヤーの作成

ルート イベント レイヤーを作成するには、まず取得したカバレッジ フィーチャクラスを下記方法でルート イベントのデータ ソースとして設定します。

1. IRouteLocatorName 型の変数を宣言し、新規 RouteMeasureLocatorName オブジェクトをセットします。
2. IRouteLocatorName 型オブジェクトの RouteFeatureClassName と RouteIDFieldName プロパティを設定します。
3. RouteFeatureClassName には、IDataset 型オブジェクトを IFeatureClass オブジェクトからキャストして取得し、さらに IName 型オブジェクトを IDataset 型オブジェクトの FullName プロパティの戻り値から取得して設定します。
4. RouteIDFieldName には、ルート識別フィールドを文字列で設定します。
 
・IRouteLocatorName インターフェイス
http://resources.arcgis.com/en/help/arcobjects-net/componenthelp/index.html#//0025000007v8000000
 
 
次に、ルート イベントのプロパティを設定します。

5. IRouteEventProperties2 型の変数を宣言し、新規 RouteMeasureLineProperties オブジェクトをセットします。
6. IRouteEventProperties2 型オブジェクトの EventRouteIDFieldName プロパティを設定します。
7. EventRouteIDFieldName プロパティには、ルート識別フィールドを文字列で設定します。
8. IRouteEventProperties2 オブジェクトを IRouteMeasureLineProperties 型にキャストし、FromMeasureFieldName と ToMeasureFieldName プロパティを設定します。
9. FromMeasureFieldName には、始点メジャー値フィールドを文字列で設定します。
10. ToMeasureFieldName には、終点メジャー値フィールドを文字列で設定します。
 
・IRouteEventProperties2 インターフェイス
 http://resources.arcgis.com/en/help/arcobjects-net/componenthelp/index.html#//0025000007ts000000
 
11. IRouteEventSourceName 型の変数を宣言し、新規 RouteEventSourceName オブジェクトをセットします。
12. IRouteEventSourceName 型オブジェクトの EventTableName、EventProperties、RouteLocatorName プロパティを設定します。
13. EventTableName には、IDataset 型オブジェクトを Excel テーブルを取得している ITable オブジェクトからキャストして取得し、さらに IName 型オブジェクトを IDataset 型オブジェクトの FullName プロパティの戻り値から取得して設定します。
14. EventProperties には、IRouteMeasureLineProperties オブジェクトを設定し、RouteLocatorName には、IRouteLocatorName オブジェクトを設定します。
 
・IRouteEventSourceName
http://resources.arcgis.com/en/help/arcobjects-net/componenthelp/index.html#//0025000007v4000000
 
15. 作成した IRouteEventSourceName オブジェクトを IName 型にキャストし、IName型オブジェクトの Open メソッドからルート イベントを IFeatureClass 型のオブジェクトとして取得します。
16. フィーチャクラスを空の IFeatureLayer オブジェクトのデータソースとして設定します。
17. ルート イベント レイヤーをマップ上に追加します。
 
'a_id 2848