ブルベ用ナビゲーションを考える その3 ~Garmin eTrex Touch 35t を購入して山手線一周自転車の旅

      2017/09/15

これまで検討してきたブルベ用ナビゲーションに決着がつきました。Garmin eTrex Touch 35t 地図付きを TKA Planet で購入しました。

今週末に 600km ブルベが控えているので、早速テストを兼ねて思いつきで山手線沿線を一周してきました。

自転車で山手線一周は割とメジャーなようで、Google マイマップで検索したら結構ヒットしました。KML をダウンロードして Garmin BaseCamp にインポートしてトラックを作成。読み込んだトラックは地図上に軌跡を表示するだけなので、正確にはナビゲーションにはなっていません。ナビゲーションを行うにはルートを設定しないといけないのですが、一度の設定で方向指示が 50 地点を越えると動作しないため使えませんでした。今回はフル機能を使うということで、自分の軌跡をトラックで保存しつつ、Bluetooth とスマートフォンを連携させて LiveTrack というリアルタイムに自分の位置をネット上に表示する機能も使ってみました。結果は、ルート案内としては問題ないレベルですが

4 時間経過でバッテリー残量が 1/4 に。

カタログスペック最大 16 時間動作に対してこれは短すぎる。40 時間ナビしてもらうには 9 回のバッテリー交換が必要になってしまいます。これは Bluetooth のせいだと思いたいですが、本番前にバッテリーテストはしておきたいですね。

反射型液晶なので日中の見やすさは問題ないです。あとは夜間のバックライト使用でどれくらいバッテリーを消費するのか。ちょっと心配です。このデバイスは USB 給電が可能なのでスマホナビ充電用に使っていた外部バッテリーをつなげられるように準備しておきます。

eTrex Touch 35t

eTrex Touch 35t

自分自身のトラックはこんな感じです。

せっかくなので全駅撮影しておきました。

 - GIS, 自転車 ,