ArcGIS Explorer 900 リリース

 2009/8/14 (金)    

さきほど、米国ESRIのサイトでArcGIS Explorer 900 のダウンロードが開始されたようです。 ArcGIS Explorerとは,「GeoBrowser」と位置づけられた無償の2D/3D表示デスクトップアプリケーションです。Google EarthのESRI版と説明するとわかりやすいですが,シェープファイルやファイル ジオデータベースなどのローカルデータも表示できたり,アドイン開発用 API が提供されていています。 前バージョンの Build500 までは,ESRIジャパンのサポートサイトにログインしてからでないと日本語版は入手できず,しかもArcGISと同じように英語版インストールに続いて日本語化プログラムのインストールという2ステップが必要でしたが,ArcGIS Explorer 900 からは1ステップで日本語表示できるようになりました。 これがArcGIS 9.4 で目指してるマルチ ランゲージ版の前座的位置づけになっているそうです。そう聞くと 9.4 のリリースが待ち遠しいですが,ESRIもやっとここまで来たかという感じです。 早速ダウンロード。ちゃんとJapanese Setupが用意されてます。これはインストーラーの画面が日本語か英語かの違いだけで,製品自体はどれもマルチランゲージになってるようですね。 agx900_1 ダウンロードしたexeをインストールしょうとしたら前バージョンのアンインストールメッセージが表示されます。このアンインストーラーはArcGISと同じ考えで作られてるなら製品コアとは連携してないのでと考えられるので,事前に前バージョンの日本語化プログラムは手動でアインインストールしておいた方が無難でしょう。ちゃんとしたインストール方法はそのうちESRIジャパンのWebサイトで紹介されると思います。 agx900_2 agx900_3 事前に日本語化プログラムのアンインストールが必要 ちなみに,旧バージョンのSDKもアンインストールされませんでした。これは新バージョンのSDKインストール時に削除してくれるのでしょうか。そこまでは試さずにSDKも事前にアンインストールしました。 そしてインストーラが立ち上がると,日本語メッセージが表示されます。ヘルプのリンクも日本語ですね。 agx900_4 インストールが完了してセットアップは終了。ついでにSDKや現在用意されているアドインものセットアップも行いました。 そして起動です。 agx900_12 ヘルプは米国ESRIのサイトにホストされているWebヘルプですが,ちゃんと日本語が用意されてました。 agx900_13 Google Earth を使っているとパフォーマンスや国内地図の精度が弱いですが,SDK のカスタマイズは結構できるみたいなので,これからちょっとずつ触ってレポートしていきます。

Copyright© WINGFIELD since1981 , 2018 All Rights Reserved.