The ArcObjects Object Model Diagram

      2017/11/22

新年度になって会社で席替えがありました。部署再編と人事異動の関係で,自分はオフィスの真ん中から壁際の座席に移動することになりました。そこで,前からやってみたかったArcObjects Object Model Diagram(OMD)のポスターを壁一面に貼ってみました。

image1

ArcObjectsはバージョン9.3で4000を超えるクラスがあって,OMDをA0サイズで印刷しても100枚を超えてしまいます。しかし,実はバージョン8.1版でクラスとインタフェースの一覧だけ示している概要版なるものが存在してました。ポスターの現物は「Exploring ArcObjects」を購入すればまだ入手できます。PDFだとESRIのオンラインヘルプからダウンロードすることができます。このOMD概要版のバージョンは古いですが,掲載されているクラスの内容はほとんど変わっていないのでArcObjectsを始めるには良い教材だと思います。

また,OMDはクラス間の関係が理解できるのでプログラマーではなくてもArcGIS初学者にも大変参考になります。最新のArcGIS 9.3版OMDはESRIのリソースセンターからダウンロードすることができます。

image2

概要版を壁に貼ってみたのですが,A03枚で印刷してもかなり細かくてのぞき込まないと何が書いてあるかわかりません。

image3

一応両隣の人には許可をもらったのですが,このポスターがすごいことが分かる人間が周辺の5人ぐらいしかいないんで,明日これを見た人たちから何て言われるかな。

 - GIS, 日記