交渉人 真下正義

投稿日:2006/10/15 (日) 更新日:

お茶の間で垣間見るGISシリーズ。

「交渉人 真下正義」
こういうのを見ると、ベースのエンジンとか、背景データとか、どこが発注受けて作ってるのかが気になります。六角形セルモデルって市販ソフトの基本機能にはないですね。

そいや昔GISNEXTのコラムに、「映画”黄泉がえり”で死者が蘇るポイントを予測するシーンがあったけど、これってGISだねぇ」という記事が載ってたのを思い出しました。
個人的には最後のコメント「しかし全部キーボードで操作してるってことは、これってArc/Info Workstation?」のコメントがツボでした。このネタは知ってる人じゃないと分からない。俺も知らない世代なんだけど。

関連記事

-テレビで見るGIS

Copyright© WINGFIELD since1981 , 2018 All Rights Reserved.